JVA | JSVF | JSVA | JDVA | JBV | FIVB | LOCAL
  HOME小中学生(保護者)のみなさんへ>バレーボールの歴史
■バレーボールの歴史れきしれきし
バレーボールはいつどこで生まれて、 どのように発展はってんはってんしてきたのでしょうか

■ バレーボールのはじはじまり
スポーツの起源きげんきげんは、相撲すもうすもうやレスリングなどの格闘技かくとうぎかくとうぎや、 おまつまつりの行事ぎょうじぎょうじ発展はってんはってんし、ルールが作られたものだと いわれています。 サッカーもそのひとつで、もともとは、イギリスで、村と村が対抗たいこうたいこうして、牛の内臓ないぞうないぞう をけりあってどちらかの門まではこはこまつまつりがはじまりでした。 しかし、バレーボールはもともとあった何かが発展はってんはってんして生まれた のではなく、「女の人もお年よりもたのたのしめるスポーツはないかなあ」と思って、新しく作ったスポーツな のです。

1895年、アメリカのYMCA(キリスト教の社会奉仕団体しゃかいほうしだんたいしゃかいほうしだんたい)でW.G.モーガンという人が、バレー ボールを発明はつめいはつめいしました。そのころのアメリカでは室内しつないしつないスポーツと して、バスケットボールが大流行だいりゅうこうだいりゅうこうしていたのですが、

    (1)人と人がぶつかるのでケガをしやすい
    (2)お年よりや女の人には運動量うんどうりょううんどうりょうが多すぎる。
という理由りゆうりゆうで、だれでも気軽きがるきがるたのたのしめるスポーツが必要ひつようひゆようだということで、W.G.モーガンがバレー ボールをかんがかんが え出しました。

はじはじめのころのバレーボール
W.G.モーガンは、テニスやバドミントンを参考さんこうさんこうにしてバレーボー ルを作りました。 最初さいしょさいしょから「バレーボール」という名前ではなく 「ミントネット」(Mintonette)という名前でした。言葉ことばことば意味いみいみは「バドミントン」の「ミントン」と同じではないかといわれています。 この「ミントネット」はYMCAの体育教室たいいくきょうしつたいいくきょうしつのような場所ばしょばしょおこなおこなわれ、ルールは今とちがちがうものでした。

    ○ゲーム:
    9イニングせいせい。 1人たいたい1人の場合ばあいばあいサーブは1回づつ、2人たいたい2人の場合ばあいばあいは2回づつ、 3人たいたい3人以上の場合ばあいばあいは3回づつとし、サーブけんけん味方みかたみかたチームが返球へんきゅうへんきゅう失敗しっぱいしっぱいするまであたあたえられました。 このころは野球やきゅうやきゅうのようにイニングせいせいをとっていました。たとたとえば、3人以上いじょういじょうおこなおこなわれる場合ばあいばあい、1回のおもておもて自分じぶんじぶんのチームの3人が順番じゅんばんじゅんばんにサーブし、1人目のときに返球へんきゅうへんきゅう失敗しっぱいしっぱいすれば1ア ウト、2人目のときに返球へんきゅうへんきゅう失敗しっぱいしっぱいすれば2アウトというふ うにすすすすめられ、3アウトまでに何点入れられるかをきそきそうというルールでした。
    ○コート:
    7.62m×15.2m (現在げんざいげんざいは 9m×18m)
    ○ネット:
    1.83m (現在げんざいげんざいは 男子2.43m 女子2.24m)
    ○ボール:
    ゴムせいせい空気球くうききゅうくうききゅうかわかわかキャンバスでおおおおったもの。 円周えんしゅうえんしゅう63〜68cm、おもおもさ255g〜340g (現在げんざいげんざい円周えんしゅうえんしゅう65〜67cm、おもおもさ260g〜280g 5号)
    ○サーブ:
    片足かたあしかたあしでエンドラインをふみ、手で打つ。1回失敗しっぱいしっぱいしても  もう1度チャンスがもらえる。相手あいてあいてコートまでサーブがとどとどきそうにないとき、味方みかたみかたがそのボールを打って  相手あいてあいてコートに入ればOK。ネットに当たって相手あいてあいてコートに入ったものはサーブミス。
    人数にんずうにんずう
    人数制限にんずうせいげんにんずうせいげんなし (現在げんざいげんざいは 6人せいせい もしくは 9人せいせい
    ○ネットボール:
    ラリー中にボールがネットに当たると相手あいてあいて得点とくてんとくてんになる。しかし、ネット以外いがいいがいの何か(かべかべなど) に当たるのはOK

普及ふきゅうふきゅうするバレーボール
だれでも気軽きがるきがるたのたのしめ、しかもラケットなど特別とくべつとくべつ道具どうぐどうぐ必要ひつようひつようないバレーボールは、YMCAを中心ちゅうしんちゅうしんとして全米ぜんべいぜんべいに広まりました。 ルールもNCAA(全米学生ぜんべいがくせいぜんべいがくせいスポーツ協会きょうかいきょうかい)と共同きょうどうきょうどうして整備せいびせいびされ、このころころから「ローテーシ ョン」が導入どうにゅうどうにゅうされました。1922年には全米大会ぜんべいたいかいぜんべいたいかいひらひらかれるなど非常ひじょうひじょう普及ふきゅうふきゅうした時期じきじきだといえます。 下は当時とうじとうじのおもなルールの改正点かいせいてんかいせいてんです。

    ○コート:10.67m×18.29m (現在げんざいげんざいは 9m×18m)
    ○ネット:2.44m (現在げんざいげんざいは 男子2.43m 女子2.24m)
    人数にんずうにんずう:6人 (現在げんざいげんざいは 6人せいせい もしくは 9人せいせい
    得点とくてんとくてん:イニングせいせい廃止はいしはいし、15点せいせいとする
    ○ローテーション:サーブけんけん移動いどういどうしたときにおこなおこな
    ○プレー:3回以内いないいないのプレーで相手あいてあいて返球へんきゅうへんきゅうしなければならない

本格的ほんかくてきほんかくてき競技きょうぎきょうぎとなる
1927年YMCAを中心ちゅうしんちゅうしん組織そしきそしきされていたバレーボール団体だんたいだんたいは、外部がいぶがいぶにも門戸もんこもんこひらひらき、組織そしきそしき整備せいびせいびし、アメリカ合衆国がっしゅうこくがっしゅうこくバレーボー ル協会きょうかいきょうかい(USVBA)として活動かつどうかつどうはじはじめました。 このころには本格的ほんかくてきほんかくてき競技きょうぎきょうぎとしてバレーボールは市民権しみんけんしみんけん、ボー イスカウトの野外活動やがいかつどうやがいかつどうレクリエーションの一環いっかんいっかんとしておこなわれ たり、路上ろじょうろじょうにネットを街角まちかどまちかどでストリートバレーボールをする 人たちが出てくるほどの人気にんきにんきでした。競技志向きょうぎしこうきょうぎしこうが高まるとともともに、女子には女子のルールがあったほうが 良いのでは?というこえこえ出始ではじではじめ、女子専用じょしせんようじょしせんようルールが出来できできました。 下はそのルールです。

    ○ネット:2.13m (現在げんざいげんざいは 2.24m)
    人数にんずうにんずう:9人を基本きほんきほんとする (現在げんざいげんざいは 6人せいせい もしくは 9人せいせい
    ○パス:コートでのパスの回数かいすうかいすう制限せいげんせいげんなし (現在げんざいげんざいは 3回まで)
    ○ゲーム:15分から20分のハーフせいせい現在げんざいげんざいは ラリーポイント 25点せいせい

世界せかいせかいに広まるバレーボール
1930年代半ねんだいなかねんだいなかばになると、わかわかい人たちの競技者きょうぎしゃきょうぎしゃえました。はじはじめて全米大会ぜんべいたいかいぜんべいたいかいひらひらかれた1925年の優勝ゆうしょうゆうしょうチームの平均年齢へいきんねんれいへいきんねんれいは39さいさいでしたが、 1935年のそれは24.5さいさい大変若返たいへんわかがえたいへんわかがえったことがわかります。 もともと、だれでもたのたのしめるスポーツとして出来できできたバレーボールの 競技者きょうぎしゃきょうぎしゃ中高年ちゅうこうねんちゅうこうねんが多かったのですが、競技志向きょうぎしこうきょうぎしこうたかたかまり、スポー ツとして成熟せいじゅくせいじゅくしてきたため、わかわかい人たちが多く参加さんかさんかするようになっ たのです。これにともなともない、プレーのしつしつゆるゆるやかな放物線ほうぶつせんほうぶつせんえがえがくボー ルの応酬おうしゅうおうしゅうから、ドライブをかけた直線的ちょくせんてきちょくせんてきなラリーに変化へんかへんかし、スピー ディーでダイナミックなスポーツになったのです。 このころには、世界各国せかいかっこくせかいかっこくでバレーボールがおこなおこなわれるようになり、 1936年には国際統括組織こくさいとうちそしきこくさいとうちそしきを作ろうというところまで来ていたので すが、第二次世界大戦だいにじせかいたいせんだいにじせかいたいせんのため先送さきおくさきおくりとなり、結局けっきょくけっきょく、1947年4月20日 に国際こくさいこくさいバレーボール連盟れんめいれんめい(FIVA)が発足ほっそくほっそくしました。 そこで、国際こくさいこくさいルールを作り、ほぼ現在げんざいげんざいわりないルールが制定せいていせいていされました。

    性差せいさせいさ:男女によるルールのちがちがいはネットの高さのみとする
    ○ネット:男子2.43m・女子2.24m
    ○アタックラインをもうもうけ、バックプレーヤがライン内でネットよ りも高いボールを相手あいてあいてコートにかえかえしてはいけない
    ○ジャンプサーブの承認しょうにんしょうにん

観客かんきゃくかんきゃくたのたのしめるバレーボールへ
バレーボールは、1964年のオリンピックだいだい18回東京大会とうきょうたいかいとうきょうたいかい正式種目せいしきしゅもくせいしきしゅもくとなりました。この大会たいかいたいかい女子日本代表じょしにほんだいひょうじょしにほんだいひょう優勝ゆうしょうゆうしょうし、東洋の魔女とうようのまじょとうようのまじょというニックネームがつくほどの人気にんきにんきつよつよさで世界せかいせかい席巻せっけんせっけんしました。 この後、会場かいじょうかいじょう観客かんきゃくかんきゃくやテレビでているひとひとかりやすくたのたのしめるようにルールが改正かいせいかいせいされ今日こんにちこんにちにいたっています。

    1965年 ブロックのオーバーネットを許容きょようきょよう
    1970年 アンテナの設置せっちせっち
    1973年 センターラインしの緩和かんわかんわ禁止きんしきんしから、センターラインに足の一部いちぶいちぶでもかかっていたら反則はんそくはんそくとはならないとした。)
    1977年 アンテナ位置いちいち変更へんこうへんこう (20cm内側うちがわうちがわせた)
    1977年 ブロックのワンタッチをカウントしない
    1989年 サーブブロックの禁止きんしきんし
    1995年 レシーブのダブルコンタクト(ドリブル)の許容きょようきょよう相手あいてあいてから来たボールのみ)
    1995年 ひざから下でのプレーの許容きょようきょよう (ボールをキックしてもOK)
    1998年 ラリーポイントせいせい採用さいようさいよう
    1998年 サーブのネットインはプレー続行ぞっこうぞっこうとする
    2000年 リベロせいせい採用さいようさいよう

■ おわりに
バレーボールのはじまりと発展はってんはってんを見てきましたがいかがでしたでしょ うか? 一人の体育指導員たいいくしどういんたいいくしどういんが100年以上前ねんいじょうまえねんいじょうまえ発明はつめいはつめいしたスポーツをい まや全世界ぜんせかいぜんせかいで行っていることはおどろきです。 ちなみに、日本にほんにほんには1913年、やはりYMCAのF・H・ブラウンと いう人が、東京神田とうきょうかんだとうきょうかんだのYMCAで紹介しょうかいしょうかいしたのがはじはじまりといわれて います。また、スパイクを発明はつめいはつめいしたのはフィリピンで、1917年フィ リピンと対戦たいせんたいせんした日本チームは、「たまたまをネットのそばそばでポンとかるかるく上げて、そをスマッシングするかたかたなどはわたわたっていなかった のです」とおどろいていたそうです。

参考文献

  • 平凡社 水谷豊 「バレーボール その起源と発展」
  •  
  • VリーグHP:http://www.vleague.net/aboutv/column/insidestory/007.php
  • JOC HP:http://www.joc.or.jp/sports/volleyball.html
  • 保護者の皆様へ
    バレーボールガイドは、小中学生の皆さんに、バレーボールを通じ、「喜び」「楽しみ」「悔しさ」などを体験していく中で、友情や協調性、また強い体と心などを育み、フェアな精神を持つスポーツマンとして成長することを願っております。

    バレーボールというスポーツについて
    バレーボールの 歴史 れきし れきし
    日本にっぽんにっぽんのバレーボール
    バレーボールのルール
    バレーボールをささささえる人たち
    バレーボール選手せんしゅせんしゅ小学生時代しょうがくせいじだいしょうがくせいじだい
    バレーボールの技術ぎじゅつぎじゅつ
    ボールにれよう
    アタック
    レシーブ
    サーブ
    トス
    ブロック
    スーパープレーの秘密ひみつひみつ
    バレーボールのトレーニング
    からだからだ使つかつかって元気げんきげんきあそあそぼう
    すばしっこさと器用きようきようさをみがこう
    とんだりはねたりころころんだり
    べたりたりもトレーニングのひとつ
    スポーツマンとして大切たいせつたいせつなこと
    正々堂々せいせいどうどうせいせいどうどうとしよう
    とうとうさんおかあかあさんになんなんでも相談そうだんそうだんしよう
    保護者の皆様へ
    子供は大人のミニチュアでは ありません
    この時期にしか出来ないことがあります


    ※インターネットは、おとうとうさんやおかあかあさんとルールをめて使つかつか いましょう。「キッズgoo」というホームページに、『ぼくのわたしの「7つのルール」』というページがあるので、 参考さんこうさんこうにしてみてください。