JVA | JSVF | JSVA | JDVA | JBV | FIVB | LOCAL

  HOMEバレーボールを考える>観るスポーツとしてのバレーボール>自国開催・強い日本
■自国開催・強い日本
書籍
スポーツ歴代視聴率ベスト5
1位 東京オリンピック 女子バレー
日本 vs ソ連
1964年
10月23日
66.8
2位 W杯日韓大会 男子サッカー
日本 vs ロシア
2002年
6月9日
66.1
3位 W杯日韓大会決勝 男子サッカー
ブラジル vs ドイツ
2002年
6月30日
65.6
4位 世界バンダム級タイトル戦
ファイティング原田 vs エデル・ジョフレ
1966年
5月31日
63.7
5位 W杯フランス大会 男子サッカー
日本 vs クロアチア
1998年
6月20日
60.9

上の表は、スポーツ番組の歴代視聴率ベスト5です。東京オリンピックの「東洋の魔女」は、40年経った今でも1位をキープしています。

NHKによる衛星放送が開始された1989年以降、BS・CSまたケーブルテレビなどの普及で、まさに多チャンネル時代となり、突出した高視聴率は望めなくなっています。 その中で、サッカーのワールドカップだけは60%を超える視聴率を残しています。

2002年のサッカーワールドカップの盛り上がりはすごいもので、普段はサッカーに興味が ない人まで評論家のようになっていました。オフサイドのルールは分から なくても「チュニジアはカウンター狙いだから日本は気をつけないと・ ・・」「ベルギー戦は引き分けだったけど、セットプレーじゃなくて、 流れの中で点を取ったのが良かった」など、1億総評論家といった感じ です。

サッカー用語も急速に浸透していて、有名なトルシエ監督の「フラットスリー」をはじ  め、「トップ下」「オフサイドトラップ」「3-5-2」などの言葉を、 日常の会話の中でよく耳にします。

バレーボールはというと、「回転レシーブ」「Aクイック」「時間差攻 撃」くらいは知っていても、「コミットブロック」「ブロード」「1- 5」なんてほとんどの人が知らないでしょう。「スーパーエース? な んじゃそれ? エースよりすごい人のこと?」というのが、バレーボー ルに対する一般的な人の知識だと思います。

ほとんどの人のバレーボールに対する知識は、昭和の時代で止まってい ます。東洋の魔女からミュンヘンオリンピック、最後に女子が銅メダル を獲得した昭和59年(1984年)のロサンゼルスオリンピックあた りまでですね。

やはり、今回のワールドカップを見ていると、「自国開催」「強い日本」 が、無関心層まで巻き込んで国中が盛り上がるためのキーワードです。

「自国開催」という意味では、  

  • 2003年:ワールドカップ  
  • 2005年:グランドチャンピオンズカップ  
  • 2006年:世界選手権男女大会  
  • 2007年:ワールドカップ  
  • 2011年:ワールドカップ

と、たくさんの国際試合を日本で開催することになっています。

あとは「強い日本」ですね。女子はアテネオリンピックに2大会ぶりの出場を果たしましたが、男子の低迷は続いています。2008年北京オリンピックでは、ライバルの中国が開催国枠で出場し、アジアの枠がひとつ多くなる可能性もあり、日本にとってはチャンスです。外国人監督の招聘話も耳にする男子、全国の人々から興味を持ってもらえるチームとなってもらいたいものです。

ight

わが国のバレーボールを取り巻く環境
Vリーグ・実業団
相次ぐ休部・廃部(その1)
相次ぐ休部・廃部(その2)
相次ぐ休部・廃部(その3)
Vリーグは生き残れるか
日本代表/協会
国立スポーツ科学センター
ルール改正は大成功!?
身長制限大会
助成金の不正受給
ビーチバレー
ビーチバレーの可能性
ジュニア・ユース世代
日本ユースは強い
早生まれは損か
バレーボール振興
スポーツマンシップ
学校の部活
マルチアスリート
クラブチーム
総合型地域スポーツクラブ
トーナメント・ディレクター
指導者の育成
観るスポーツとしてのバレーボール
メディアへの露出
世界大会の演出
自国開催・強い日本
審判/ルール
こんな審判はイヤだ
望ましい審判
ルールクイズ
各国のバレーボール
アメリカの強化プログラム
オーストラリアの強化プログラム
韓国の強化プログラム