JVA | JSVF | JSVA | JDVA | JBV | FIVB | LOCAL

  HOMEバレーボールを考える>バレーボール協会>国立スポーツ科学センター
■国立スポーツ科学センター
2001年10月1日、東京都北区西が丘に、日本のスポーツの国際競争力を高めるため、「国立スポーツ科学センター」(JISS)がオープンしました。これは、2000年9月に文部科学省が発表した「スポーツ振興基本計 画」の中の「国際競技力の向上」の一環として、「スポーツ科学」「ス ポーツ医学」「スポーツ情報」を担う施設で、 オーストラリアスポーツ研究所(AIS)をモデルにしたものです。

実際の施設をまだ見たわけではないのですが、写真を見るかぎりでは、 よくテレビで見るお台場のフジテレビ社屋によく似た感じで、近代的な 印象です。地下1階地上7階の立派な建物ですが、敷地面積約16,500?? (東京ドームの約3分の1)と、モデルとしたAIS(東京ドームの約14倍)に比べるとちょっと小ぶりですね。

しかし、少し小さめとはいえ施設やスタッフは充実しているようです。 研究室や実験室、トレーニング施設などがたくさんあるのは当然のこと ながら、国立スポーツ科学センターの特徴は、それぞれの部門が独立し ているのではなく、ネットワークを組んでいることです。医・科学・情 報が手を組んで、データ収集→分析→フィードバックが行われます。

バレーボールは2003年4月に、旧ユニチカ・フェニックスの体育館・合宿所を借り「日本バレーボール協会貝塚ナショナルトレーニングセンター」設置し、 全日本男女ナショナルチームの強化拠点、外国チームとの合同合宿、有望選手の一環指導の拠点として使用しています。 この場所は、東洋の魔女の中心となった「ニチボー貝塚」の工場跡地で、日本バレーボール界のメッカともいえます。

文部科学省はナショナルトレーニングセンター設置の成果として「西の日本は、次かその次のオリンピックあたりで出てくるものと思われます。

いずれにせよ、施設と いうハード面は整いつつあります。次は競技者や指導者といったソフト 面が課題です。国立スポーツ科学センターからのフィードバック を理解し利用する知識と技術が必要ななってきます。特にバレーボール の指導者は伝統的に「きびしさ」を前面に押し出してきました。これか  らは、医・科学・情報などを備えた上で、指導スキル(技術)の一環とし ての「きびしさ」と理解できる指導者が求められます。

オーストラリアのAISが設立から、その成果が実るまで15年以上の 歳月を要しています。日本も長い目で見る必要があるんでしょうね。

 15年も待てるかな〜


わが国のバレーボールを取り巻く環境
Vリーグ・実業団
相次ぐ休部・廃部(その1)
相次ぐ休部・廃部(その2)
相次ぐ休部・廃部(その3)
Vリーグは生き残れるか
日本代表/協会
国立スポーツ科学センター
ルール改正は大成功!?
身長制限大会
助成金の不正受給
ビーチバレー
ビーチバレーの可能性
ジュニア・ユース世代
日本ユースは強い
早生まれは損か
バレーボール振興
スポーツマンシップ
学校の部活
マルチアスリート
クラブチーム
総合型地域スポーツクラブ
トーナメント・ディレクター
指導者の育成
観るスポーツとしてのバレーボール
メディアへの露出
世界大会の演出
自国開催・強い日本
審判/ルール
こんな審判はイヤだ
望ましい審判
ルールクイズ
各国のバレーボール
アメリカの強化プログラム
オーストラリアの強化プログラム
韓国の強化プログラム