JVA | JSVF | JSVA | JDVA | JBV | FIVB | LOCAL

SHOP 新着情報

100円
g-plus
(lLINEスタンプ バレーボールうさぎ)
【詳細】

  HOME体力の向上>ケガ・障害>ケガや事故に備える
■ケガや事故に備える
スポーツに怪我はつきものです。いくら気をつけても、怪我や事故は完全には防げません。スポーツそのものが、スピードやスリルを魅力としている面があり、法律的な解釈でも「社会的相当の許された危険を受忍している」として、「ある程度の危険は承知の上スポーツしてるんでしょ」と言っています。特にバレーボールは他のスポーツに比べて怪我や事故の発生件数が多いので、現場における予防・応急処置をはじめ、組織としての対応に気を配る必要があります。 このページでは怪我の予防・スポーツ保険について説明します。
ケガや事故の予防
  • 体力は十分ですか?
    まず、久しぶりにバレーボールをする方にご忠告申し上げます。現役時代と比べて体重が増えていませんか?ジャンプする事の多いバレーボールにおいて体重の増加はひざの故障に直結します。心配な方は最初から無理せず、徐々に始めましょう。また、体重の増加だけでなく体力の衰えなどを感じている方は、横浜市スポーツ医科学センターの行う「スポーツプログラムサービス」を受けてみるのも良いでしょう。自覚症状がなくても、潜在的な疾患などがあるかもしれません。このサービスは、健康診断と体力測定を行い「医学的なアドバイス」「体力面のアドバイス」「食事面のアドバイス」「トレーニングについてのアドバイス」をもらい、自分に合った運動プログラムを提示してくれます。問題のある方には、精密検査・治療・リハビリ・運動療法などのフォローも行っています。

    スポーツプログラムサービス
      • 場所:横浜市スポーツ医科学センター
        電話:045-477-5050・045-477-5055
        住所:横浜市港北区小机町3302-5 横浜国際競技場内
        料金:横浜市民/15000円 その他/17000円 (18歳以下・65歳以上は半額)
        備考:電話予約が必要。
  • 関連書籍
  • ウォーミングアップ
    プレーの前には入念に準備運動を行ってください。ストレッチは体の各部位の稼動範囲を大きくし怪我を防ぎます。コツは呼吸を止めない事と伸ばしている部位を意識する事です。また、ウォーミングアップは最低限汗ばむまで行ってください。体が汗ばむくらいの運動は心拍数を運動に最適な程度に引き上げ、冷えて固まった筋肉を温め和らげます。
  • テーピングとサポーター
    正しいテーピングは、怪我の予防・再発防止に有効です。逆に、間違ったテーピングは怪我を誘発します。ここではテーピングの方法については述べませんが、書籍や講習会などで学ぶ事をお勧めします。実際問題としてテーピングは使い捨てで不経済なので、代替としてサポーターを使用することも一つの手段として考えられます。近年のスポーツ科学の発展と共にサポーターの性能も向上しています。
     
  • 近くの病院を確認しておきましょう
    日曜日や夕方からの練習など一般病院の診療時間外の怪我や事故に備えて、練習場所近辺の休日や夜間に対応している病院を確認しておきましょう。総合病院でも夜間は外科だけとか内科だけと言う場合が多いので、確認が必要です。横浜市救急医療情報センター(045-201-1199)では、年中無休・24時間体制で、病院などを紹介してくれます。
  • ■責任の所在と事後対応
    事後処理を誤ったため、人間関係がうまく行かなくなったり、損害賠償を求められたりすることはしばしばあります。応急処置と共に事後処理の重要性も認識する必要があります。以下に応急処置後の措置を挙げました。
      1. 利用施設に対する連絡
      2. 必要に応じ、消防署や警察への連絡
      3. 事故状況の正確な把握
      4. 責任の所在の明確な検討
      5. 家族への連絡と説明
      6. 適切な病院の選択と負担費用などの打ち合わせ

    横浜市の大口東総合病院には、日本バレーボール協会 協力ドクターがいらっしゃいます。一般の外科とは違い、バレーボール特有の怪我・故障に詳しく、リハビリテーションなどの指導もあります。
     

      橋本吉登 先生
        専門分野    整形外科
        医療機関名 大口東総合病院
        最寄駅 JR横浜線 大口
    横浜市各区のスポーツセンター主催のバレーボールタイムというプログラムは有料ですが、これには保険料が含まれています。怪我をしたり死亡したときは幾ばくかの保険料がおります。しかし、それ以外の場合(クラブチームや個人開催など)は保険に入っていないことの方が多いと思われます。もしものときに備えて保険に入っておく事をお勧めします。
       
    • 【スポーツ安全保険】

    • チーム(5人以上から)で保険に入れば、一人年額1400円で死亡時に2000万円の保険がおります。連絡先=神奈川県体育協会内 ?045−311−0653
    • 【個人で加入できる保険】
      月額1500円で死亡時に1000万円の保険がおります。連絡先=(財)神奈川県経営者福祉振興財団 ?045−671−7127



    宅配ピザのドミノ・ピザ

    体力
    体のサイズ
    身長の話
    筋力について
    持久力について
    トレーニングの有効性(トレーナビリティー)
    成長期のトレーニング
    スキルの転移
    女子中学生の運動と発育
    調整力(神経系・柔軟性)
    調整力について
    神経系
    スピードと器用さの向上
    スポーツヴィジョン(視覚系)
    柔軟性
    その他
    試合前の調整
    ダイエット
    ウォームアップ・ダウン
    その他のトレーニング
    アンチ ドーピング
    ケガ・障害
    ケガの相談
    ねんざの治療とリハビリ
    再発予防
    ケガや事故に備える
    熱中症
    喘息に対するケア
    成長期のケガ
    ケガを防ぐ
    応急処置
    突き指
    テーピング【近日公開】
    フィットネス&医科学フォーラム
    体力会議室(筋力・持久力・調整力・柔軟性・・・)
    ケガ・障害会議室(予防・リハビリ・・・)
    コンディショニング会議室(栄養・アイシング・)


    ケガ・障害会議室
    JVA | JSVF | JSVA | JDVA | JBV | FIVB | LOCAL
      HOME掲示板>フィットネス&医科学フォーラム
    スポーツドクター検索(日体協HP)
    ■ケガ・障害会議室

    ERROR !

    アクセスを許可されていません