JVA | JSVF | JSVA | JDVA | JBV | FIVB | LOCAL

SHOP 新着情報

100円
g-plus
(lLINEスタンプ バレーボールうさぎ)
【詳細】

  HOME体力の向上>ケガ・障害>ケガや事故に備える>ケガを防ぐ
■ケガを防ぐ
関連書籍

インドアのバレーボールは、屋根があるので天気は関係ありませんが、 雨の日は湿気があるので、床がやたらとストップが効きます。スリッ ピーな床も危険ですが、必要以上に止まるのもケガの原因になり得ます。

今回は、ケガをしないための方策についてお話します。

■ケガを防ぐためには、(1)ケガをしない体(2)ケガをしない技術 (3)ケガをしないための環境が重要です。

(1)ケガをしない体
バレーボールは瞬間的に最大限の力を発揮するスポーツなので、それに 対応できるだけの筋力が必要です。例えば、すごく高くジャンプできる 筋力を持っていても、着地の衝撃を和らげる筋力を持っていないと膝の 障害や肉離れなどのケガを誘発します。

また、ジャンプやレシーブでよく使う太ももの表側の筋肉が発達したプ レーヤーは多いことと思いますが、太ももの裏側を鍛えることもケガを 防ぐために大切なことです。表裏のバランスが悪いと肉離れなどの原因 となります。スクワットやその場飛びで太ももの表側を鍛えたら、レッ グカールを行うなどして裏側も鍛えてください。

俊敏性や巧緻性を高めておくことも重要です。いざという時に危険を回 避できたり、ケガを最小限にとどめることにつながります。ステップ系 のトレーニングやラダーや小ハードルを使ったトレーニングは、バレー ボールの技術を高めるとともに、怪我の防止に役立ちます。さらに、ス トレッチで稼動域を広げ、柔軟でしなやかな体をもっていれば、ケガを する確立は減ります。

ストレッチ系・ウェイト系・アジリティー系を総合的に取り入れること が、ケガをしない体を作り上げるわけです。

(2)ケガをしない技術
バレーボールで起こるケガは、他のプレーヤーとぶつかって起こる対人 的なケガと、レシーブのとき膝や腰骨を打ったりするいわば自損事故に 分けられます。

○対人的なケガは、スパイクの着地の際、相手ブロッカーの足を踏んで 足首を捻挫してしまうことが代表的です。これは、ある程度仕方がない ものですが、「予測すること」と「声をかけること」で少しは防げます。

スパイクを打つとき、ブロッカーが遅れて無理矢理飛んできたときや、 レシーブや2段トスが乱れ、ネット際でボールを処理するときなどは危 ないパターンです。そういうときは「危ないかも」と予測してプレーし、 周りの人も、危ないときは「危ない!」と声をかけることが大切です。

ネットプレー以外でも、仲間同士でぶつかってケガをすることがありま す。ボールだけを見て周りを見ていない場合や、瞬間的に複数の人間が 飛び込んだときにおこりがちです。普段からボールだけじゃなく周りの 状況を見ながらプレーする技術を身につけ、チームとしてリベロやセッ ターの通り道を確認し、ぶつからないようにすること、さらに「声をか けること」が重要です。

○フライングレーシーブのとき腰骨を打つことが多かったり、よくレシ ーブ時に膝を打つというのは、技術的な問題です。

「フライングを教えると足で動かずにレシーブするクセがつく」と初心 者にはフライングを教えないと言う話を聞きます。確かに一理あります が、スキーやスノーボードでは初心者にまず転び方を教えます。柔道で は受身を教えます。いずれもケガをしないために、また、転んだり投げ られることに対する恐怖心取り除くために教えます。

ローリングやフライングレシーブに要する技術のほとんどは受身であり 上手なこけ方です。初心者のうちから正しい転び方を教えておくことは、 後々のケガを予防することにつながると思います。

正しい技術、正しいフォームは、パフォーマンスの向上とともに、ケガ や障害の予防のために重要です。

(3)ケガをしないための環境
○みなさんは、練習が終わったあとモップがけをしていますよね。でも、 練習前にモップをかけていますか?床の表面に浮くホコリを取り除いて 滑りにくくするという意味で練習前のモップがけは重要です。

○バレーボールコートが2面取れる体育館で、コートとコートを仕切る 防球ネットがあります。学校の体育館では舞台にボールが入らないよう に設置されていたりします。この防球ネットは大抵がナイロン製で、 ネットを踏むとすごい勢いで滑って転んでしまいます。ボールを追いか けるときこのネットが視界に入ったら、追いかけるのを諦めるか、早め にスライディングしたほうが良いでしょう。

○小学校の体育館などでは、コートの周りにマットが積んであったりし ます。高く積み上げてあれば、あらかじめ注意することが出来ますが、 1枚や2枚だけ敷いてある場合、ボールを追いかけるときに視界に入ら ず、つまずいて転倒したり、エッジを踏んで捻挫したりします。ボール を追いかける人は夢中なので、周りの人が声をかけるようにしてくださ い。

■おわりに
上にも書いたとおり、ボールを追いかける人は夢中です。足元が見えて いなかったり、他の人の動きに気づいていなかったりします。危険が迫 っている場合は周りの人が声をかけるようにしてください。

スポーツを行っている以上、ケガを100%防ぐことは出来ませんが、声 を掛け合い、ケガを回避するための技術や体を作れば、高い割合でケガ を防ぐことが出来ます。


DIG IT Tシャツ

宅配ピザのドミノ・ピザ

体力
体のサイズ
身長の話
筋力について
持久力について
トレーニングの有効性(トレーナビリティー)
成長期のトレーニング
スキルの転移
女子中学生の運動と発育
調整力(神経系・柔軟性)
調整力について
神経系
スピードと器用さの向上
スポーツヴィジョン(視覚系)
柔軟性
その他
試合前の調整
ダイエット
ウォームアップ・ダウン
その他のトレーニング
アンチ ドーピング
ケガ・障害
ケガの相談
ねんざの治療とリハビリ
再発予防
ケガや事故に備える
熱中症
喘息に対するケア
成長期のケガ
ケガを防ぐ
応急処置
突き指
テーピング【近日公開】
フィットネス&医科学フォーラム
体力会議室(筋力・持久力・調整力・柔軟性・・・)
ケガ・障害会議室(予防・リハビリ・・・)
コンディショニング会議室(栄養・アイシング・)



ケガ・障害会議室
JVA | JSVF | JSVA | JDVA | JBV | FIVB | LOCAL
  HOME掲示板>フィットネス&医科学フォーラム
スポーツドクター検索(日体協HP)
■ケガ・障害会議室

ERROR !

アクセスを許可されていません