JVA | JSVF | JSVA | JDVA | JBV | FIVB | LOCAL

  HOME指導者の方々へ>主観と客観
■主観と客観
■昔のバレーボール技術書より
先日偶然図書館で見つけた「バレーボール(大野武治氏著)」と いう40年以上も前の本について、興味深いところをピックアップして お伝えします。

○物理的ミート位置と心理的ミート位置

「言われたとおりやってるのに うまくミートできない」「うまいプレ ーヤーの打ち方を真似してみたけど強くヒットできない」というような ことはよくありますね。

こういうときは、物理的ミート位置と心理的ミート位置が異なっている とこの本では述べています。(以下抜粋)


上手な選手がボールを、彼の身体の相対位置でいえばA点で打ったと きに、とても良いキルが決まるのを見ていて、後で自分も真似して やっても、なかなかうまくゆかないことがある。このようなとき、先 の上手な選手は、気持ちの上ではA点ではなくて、他の少しはなれた B点でミートするつもりでやっていることがよくある。実際にA点で ミートしようとすると、神経系の作用で、A点より以前で腕の動きに 制動がかかってしまったり、ボールとの相互圧力のために、ボールが 手から離れてしまったりする場合がある。ここに実際の指導の際には、 合理的力学条件と、それをそれを実現させるための身体的条件の両者 に対する理解が要請される理由がある。

自分の感覚と、実際の動きに差があることはよくあります。上手な人が 「この位置で打っているよ」と言ったとしても、実際は違う位置で打っ ていたりします。

このギャップを埋めるため、現在ではビデオを利用し、プレーヤーへの フィードバックに役立てます。長嶋元巨人監督のように「グーっと来た 球をバーンと打つ」といった感覚的な指導もある程度のレベルに達すれ ば「そういうのもあり」だとは思いますが、我々一般のレベルでは、よ り客観的にやる必要があると思います。


指導者会議室
JVA | JSVF | JSVA | JDVA | JBV | FIVB | LOCAL
  HOME掲示板>スタッフフォーラム
■指導者会議室

ERROR !

アクセスを許可されていません


指導者の資質
指導者に求められる役割
資格制度
指導者はボランティアか
指導者の法的責任
指導者の保険
指導者の技術
コーチング
初心者に対する指導
子どもに対する指導
やる気の出る指導
主観と客観
スポーツカウンセリング