JVA | JSVF | JSVA | JDVA | JBV | FIVB | LOCAL
「バレーボーラーが乗ってます」のカーステッカー。 490円  
↑オリジナルステッカー販売
  HOMEチームやメンバー・対戦相手を探す
■チームやメンバー・対戦相手を探す
ネイチャーメイド大容量サイズ
インターネットの最大の利点は「相互通信性」です。これを利用し、チーム同士、またチームと個人のコミュニケーション手段として、ツールを作成しました。大いにご活用ください。

チームやメンバー・対戦相手を探す
チームに入れてください
チームメイト募集
スタッフやります
スタッフ募集
対戦相手募集
大会・イベント参加者募集


書籍
■有効活用しよう
日本財団のスポーツ白書2010によると、成人男女の約3割が過去1年間にまったく運動やスポーツを行なわなかったとしています。「仕事が忙しい」「年をとった」「スポーツが嫌い」など様々な理由が挙げられていますが、「仲間がいない」「指導者がいない」「機会がない」「場所がない」など条件さえ整えばスポーツに参加できる人が16%以上もいます。
このような潜在的な人たちを埋もれたままにしておくのはあまりにも惜しく、このサイトような場を活用し、チームの運営や豊かなスポーツライフの構築などに役立てていくことは重要なことです。
■人材は案外多い
現在はバレーボールにかかわっていなくとも、埋もれた人材は案外多いもので、たとえば、「春の高校バレー」に毎年男女50校づつ計100校参加しているとして、今年(2004年)は第35回ですから、のべ3,500校が出場していることになります。それぞれは12人のチームですので、のべ42,000人のプレーヤーが春高を経験しているというわけです。他の全国大会もあわせれば膨大な人数ですね。また、有資格者である公認スポーツ指導者は、全国に19万人もいます。このような人々の手や智恵を借りない手はありません。

■e-マーケティングに見習う
e-マーケティング(エレクトロニック・マーケティング)の世界では、企業(Business)と消費者(Consumer)との取引を「BtoC(B2C)」、企業と企業との取引を「BtoB(B2B)」と言ったりします。これをバレーボールのチームと個人に置き換えると、「TtoI(Team to Individual)」や「TtoT(Team to Team)」などとなります。具体的に言うと「TtoI」は、「チームメイト募集」、「TtoT」は「対戦相手募集」といったところです。インターネットが普及する以前は、公共体育館の壁に募集チラシを張ったり、タウン誌に広告を出してみたりしていましたが、情報は一方通行で、興味を持った人も返答しづらい環境にありました。しかし、インターネットの普及により、簡単に相互通信できるようになりました。これまではあまり見られなかった個人からチーム、チームからチームへの情報発信といったものは、インターネットの特質を生かした情報通信形態です。インターネットが発達し、e-コマースが発展したと同様に、活用次第では、バレーボールの世界も活性化できるはずです。
※当サイトの各プログラムは掲示板のような書き込み方式となっております。掲載内容や閲覧者への対応は書き込み者の責任において行ってください。