JVA | JSVF | JSVA | JDVA | JBV | FIVB | LOCAL

  HOMEバレーボールを考える>各国のバレーボール>アメリカの強化プログラム
■アメリカの強化プログラム

関連書籍
現在は、以前のような強さはありませんが、カーチ・キライが、まだインドアでプレーしていたころのアメリカは、黄金時代と言えるものでした。

アメリカは1984年のロスアンゼルス・オリンピックに向け、1978年頃からバレーボールチームの強化に着手しました。

アメリカは、バレー発祥の国というプライドを捨て、当時の強豪国、日本やソ連の強化プログラムを手本としたのです。

日本のプログラムを分析したところ、そのほとんどがテクニックの練習だ ということが判明しました、それに対し、ソ連や中国などのプログラムは、当時の最新理論を駆使したコンディショニングプログラムで、しかも かなりハードな練習をしていることが分かりました。

そこでアメリカは、日本から技術練習プログラムを得、ソ連や中国からは 最新のコンディショニングプログラムを参考にしました。 しかし、これだけではオリンピックで優勝できるとはいえないと判断した アメリカチームは、動作分析装置とエリエールマシン(ギディオン・エリ エール博士が開発したコンピュータ制御のトレーニング測定マシン)を導 入しました。

バイオメカニクス(身体運動力学)とコンピュータを結び付け、ソ連や中国のコンディショニングプログラム、日本の技術習得練習を取り入れたアメリカは、ロスアンゼルス・オリンピックで男子は金メダル、女子は銀メ ダルをとりました。

1978年から84年までの短期間で、ナショナルチームの強化に成功したアメリカですが、日本も見習うべき点があります。ひとつはプライドを 捨てること、次に他国を参考にすること、最後に科学を積極的に利用する ことです。 なかでも、ひとつめのプライドを捨てることは、今の日本にもっとも必要なものではないでしょうか。

rder=


わが国のバレーボールを取り巻く環境
Vリーグ・実業団
相次ぐ休部・廃部(その1)
相次ぐ休部・廃部(その2)
相次ぐ休部・廃部(その3)
Vリーグは生き残れるか
日本代表/協会
国立スポーツ科学センター
ルール改正は大成功!?
身長制限大会
助成金の不正受給
ビーチバレー
ビーチバレーの可能性
ジュニア・ユース世代
日本ユースは強い
早生まれは損か
バレーボール振興
スポーツマンシップ
学校の部活
マルチアスリート
クラブチーム
総合型地域スポーツクラブ
トーナメント・ディレクター
指導者の育成
観るスポーツとしてのバレーボール
メディアへの露出
世界大会の演出
自国開催・強い日本
審判/ルール
こんな審判はイヤだ
望ましい審判
ルールクイズ
各国のバレーボール
アメリカの強化プログラム
オーストラリアの強化プログラム
韓国の強化プログラム